社会福祉法人 北海道友愛福祉会

友愛ナーシングホーム

入所のご案内 - 友愛ナーシングホーム

私たちは“あなたらしさ”を大切にします。

「自分の足で歩き続けたい」その想いを支援します

常勤のリハビリ専門スタッフ(作業療法士・理学療法士)による、専門的なリハビリテーションを実施します。

楽しく快適な生活と安心をお約束

常勤による、医師・看護職員による、健康管理と24時間の見守りでサポートしています。

外出の機会を大切にします

野外遠足、野外昼食など外に出る機会を大切にしています。

ご利用者様の尊厳を守ります

ご利用者様の尊厳を守るため、センサーマットを含む、抑制廃止に力を入れています。

「食事をする」ということを大切に

その方にあわせた食事の提供を行います。また、飲み込みの訓練を行うなど、経管栄養ではなく、できる限り口から食事を摂ることができるようお手伝いします。

イベントについてはこちらから

私たちは“笑顔と優しさ”を大切にしています。

和顔愛語の精神

ご利用者様ひとり一人に寄り添ったサービスの提供を行います。

「想い」を「カタチ」に

それぞれの部署が症例の研究を通して、ご利用者様に対する想いを少しずつ実現しています。

私たちは“地域のみなさま”と一緒に歩み続けています。

“フレンド・アイ”の実施

ボランティア活動、フレンドアイを実施しています。

40年以上のお付き合い

地域とのかかわりを大切にし、近隣の自治会や学校からのボランティア受入や交流を行っています。

人材の育成

介護/リハビリ/栄養部門の実習生受入を行い、人材の育成を積極的に行っています。

入所サービス 概要

入所された方は、在宅復帰に向けた支援を受けることになります。 主に生活リハビリの提供が中心となり、自力で行える範囲のことは、ご自分で行いながら施設生活を送っていただきます。 また、レクリエーションや季節にふれる行事を提供させていただき、在宅復帰へ向けた意欲の向上と気分転換の場としてお楽しみいただいています。

対象要介護認定(要介護1~5)を受けられた方で、病状が安定されており療養の必要がない方
定員100名 ※ショート含

入所までの流れ

お問合せ・ご相談
まずは、当施設にお電話ください。
担当の支援相談員がご相談やサービス内容の説明をさせていただきます。
入所申込
下記の「申し込みに必要な書類」項目をご確認いただき、申込書類を提出してください。
必要書類の提出
書類審査
提出された申請書及び必要書類の審査を行います。
面談調査
書類審査を通過した後、ご本人様とご家族様同席のうえ、現在生活されている住居等において面談を行います。
新規入所判定
(最終審査)
提出された書類と面談調査を基に会議を行い、入所の可否が判定・決定されます。
入所利用契約
入所可能と判定された方は、対象の居室に空床があれば利用契約となります。空床がない場合には「待機※」となります。
※待機期間中に病状や心身状況に変化がある場合、または他の施設に入所・入院した場合には、再度入所判定会議を受けていただくことになり、改めて診療情報提供書の提供、面談調査を必要としますのでご留意ください。
入所開始
お持ち物などの詳細は支援相談員よりお知らせ致します。

ご利用案内パンフレット(PDF)がこちらかからご覧いただけます。

申し込みに必要な書類

申し込み書類は下記からダウンロード可能です(PDF)。

※ 診療情報提供書につきましては、利用対象者の主治医に作成いただくものです。
   かかりつけの医療機関、あるいは入院中の医療機関にお持ちになり、ご依頼ください。

ご利用料金について

下記料金表をご確認ください。

よくある質問